GMOオフィスサポートの評判は?|メリット・デメリットをご紹介|バーチャルオフィス

バーチャルオフィス
この記事でわかること
・GMOオフィスサポートは圧倒的コスパ!
・GMOオフィスサポートは法人口座も作りやすい!
・GMOオフィスサポートのメリット・デメリット

GMOオフィスサポートのメリット・デメリットをSNSの評判をもとに調査しました!

個人事業主やECサイト、Youtuberなど、バーチャルオフィスを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

自宅住所を登録するのは危険なので、事務所を構えるか、バーチャルオフィスを借りるようにしましょう!

GMOオフィスサポートは、東証プライム上場企業のグループ会社が運営するバーチャルオフィスサービスです。

GMOオフィスサポートを
詳しくみる

GMOオフィスサポートの評判

SNSでGMOオフィスサポートの評判を調査しました!

以下SNSでよくあった評判です。

  • 評判1:コスパが最強!
  • 評判2:法人銀行口座が作りやすい

評判1:コスパが最強!

めちゃくちゃ口コミが多かった、コスパが最強という評判。

月額990円からサービスを利用できるので、確かにコスパ最強です。

評判2:法人銀行口座が作りやすい

会社作るためにバーチャルオフィスを借りる人が多いようで、

バーチャルオフィスだと銀行が怪しがって、法人口座を作ってくれないそうです。

ですが、GMOオフィスサポートは同じグループ会社であるGMOあおぞらネット銀行会社と連携しているので、法人口座も作りやすい!と人気のようですね。

GMOオフィスサポートを
詳しくみる

GMOオフィスサポートってどんな会社?

GMOオフィスサポートは、東証プライム上場企業(GMO INTERNET GROUP)のグループ会社であるGMOオフィスサポート株式会社が運営するバーチャルオフィスサービスです。

GMOオフィスサポートは、個人事業主、ECサイト、Youtuberなどに登録用の住所を提供してくれるサービスです。

東京都内の一等地の住所を借りることができます。(2022年6月1日現在:渋谷、新宿、銀座)

住所を登録するだけでなく、郵便物の受け取りも行ってくれます。

GMOのグループ会社なので、GMOあおぞらネット銀行会社と連携して法人講座開設のサポートのサービスも行っています。

GMOオフィスサポートのメリット・デメリット

GMOオフィスサポートのメリット

GMOオフィスサポートのメリットについてです。

メリットは以下の4点なので、参考にしてみてください。

メリット
・月額990円〜利用できる
・初期費用がかからない
・GMOのグループ会社
・法人口座を作りやすい

月額990円〜利用できる

なんと言っても低価格で住所を借りれるので、事業をスモールスタートしたい方にはとてもおすすめのバーチャルオフィスです。

他の有名なバーチャルオフィスサービスと比べても桁が一つ違うくらい安いですね。

バーチャルオフィス月額費用
GMOオフィスサポート990円〜
レゾナンス1,650円〜
ワンストップビジネスセンター5,280円
Karigo3,300円〜
DMMバーチャルオフィス2,530円〜

初期費用がかからない

初期費用がかからないのもメリットの一つです。

先ほどあげたそのほかのバーチャルオフィスで初期費用がかからないサービスはありません。

とことん費用をかけずにバーチャルオフィスを借りたいのであれば、GMOオフィスサポートは一番オススメのサービスですね!

バーチャルオフィス初期費用
GMOオフィスサポート0円
レゾナンス5,500円
ワンストップビジネスセンター10,780円
Karigo5,500円
DMMバーチャルオフィス5,500円

法人口座を作りやすい

GMOオフィスサポートの最大のメリットが、GMOあおぞら銀行と提携しているので、銀行の法人口座を作りやすいところです。

他のバーチャルオフィスを使うと、法人口座を作る際に怪しまれて審査が通らないことが多いようです。

その点、GMOオフィスサポートはGMOあおぞら銀行が口座作成のサポートまでしてくれます。

バーチャルオフィスで作った時の内容も踏襲してくれるので、スムーズに口座を開設することができます。

GMOのグループ会社なので、経営基盤がしっかりしている

近年バーチャルオフィスサービスが増えている中で、サービスを終了してしまうバーチャルオフィスもあります。

そうなると、せっかく登録した住所が使えなくなってしまい、他のバーチャルオフィスに移転しないといけなくなり、余計な出費になってしまいます。

そう言ったリスクを回避するために、今後もサービス終了の可能性が低いGMOは良いのではないでしょうか。

GMOオフィスサポートを
詳しくみる

GMOオフィスサポートのデメリット

続いて、GMOオフィスサポートのデメリットです。メリットと併せて参考にしてみてください。

デメリットは下記2点です。

デメリット
・都内の3店舗しかない
・電話の転送サービスがない

都内の3店舗しかない

まだまだ店舗数が少ないので、東京都内のバーチャルオフィスしか借りることができません。

ただ、公式サイトには名古屋、大阪、博多が近日提供予定となっているので、これからどんどん店舗数が増えていくのかもしれません。

電話の転送サービスがない

他のバーチャルオフィスでは、電話の転送サービスがあるところが多いですが、GMOオフィスサポートには電話の転送サービスはありません。

代わりに固定電話番号をアプリで取得し、使用することができます。
(ですが、このサービスはGMOオフィスサポートのサービスではないので、別途契約が必要になります。)

GMOオフィスサポートの料金・サービス

GMOオフィスサポートの料金

GMOオフィスサポートの料金プランは4つあります。

プラン名初期費用月額費用
転送なしプラン0円990円
月1転送プラン0円1,650円
隔週転送プラン0円2,200円
週1転送プラン0円2,750円

GMOオフィスサポートを
詳しくみる

それぞれ郵便物の転送の間隔によって月額費用が変わってきます。

それでは、サービス内容について詳しくみていきましょう。

GMOオフィスサポート

・GMOあおぞら銀行との情報連携
・事業計画書フォーマット:無料提供
・会計サービス提供
・電子印鑑(GMOサイン):1,000円引き
・ドメイン・メールアドレス設定代行
・時間貸しのワークスペース利用
・固定電話番号取得(別途契約必要)
・法人設立用印鑑セットの提供
・法人設立登記の代行費40%OFF
・名刺提供
・ビジネスクレジットカードの作成

GMOあおぞら銀行との情報連携

バーチャルオフィスを登録した時の情報をGMOあおぞら銀行に提供して、法人口座の開設をスムーズにしてくれます。

他のバーチャルオフィスでは、法人口座や個人事業主講座の開設が難しい場合が多いので、このサービスは嬉しいですね。

※事業内容によっては、審査が通らないこともあります。

事業計画書フォーマット:無料提供

GMOあおぞら銀行の法人口座、個人事業主口座開設申し込みにも使える事業計画書のフォーマットを無料で提供してもらえます。

法人口座、個人事業主口座を開設する際、事業を説明する書類として事業計画書が必要になります。

初めての企業だとわからないことも多いと思うので、フォーマットを提供してもらえるのは嬉しいですね。

会計サービス提供

会計サービスをお得に利用できるサービスです。以下の特典を受けることができます。

サービス名特典
MoneyForwardクラウド会計1ヶ月のお試し利用
初年度年会費が2ヶ月分割引
freee会計1ヶ月のお試し利用
スターズラボ会計事務所ご相談無料

電子印鑑(GMOサイン):1,000円引き

導入件数ナンバーワンの電子印鑑サービス(GMOサイン)を1,000円引きで利用することができます。

ドメイン・メールアドレス設定代行

ドメインの取得とメールアドレス利用、Google Workplaceの利用に関する設定を代行してくれます。

ドメインはGMOが運営しているお名前ドットコムで取得することになります。

時間貸しのワークスペース利用

トーキョーサンマルナナ株式会社のThrees(個室・ワークスペース)を割引価格で利用が可能です。

固定電話番号取得(別途契約必要)

電話の転送サービスがないため、自分で固定電話番号を取得する必要があります。

これも自分のプライベートの携帯番号を登録するのは個人情報の観点から危険なので、固定番号を取得するようにしましょう。

月額1,078円で市外局番入りの電話番号を取得し、スマホアプリで利用できます。

法人設立用印鑑セットの提供

法人登記に利用する代表印だけでなく、銀行印・角印・印鑑ケース・朱肉マット・朱肉・電子印影など全てセットで提供してもらえるサービスです。

法人設立登記の代行費40%OFF

法人設立等きの代行を66,000円から40%OFFで利用できるサービスです。

名刺提供

名刺を1ロット100枚を1,100円で作れるサービスです。初期費用・送料なしです。

GMOオフィスサポートを
詳しくみる

GMOオフィスサポートの気になるところ

基本料金に含まれているサービスは何ですか?

基本料金に含まれるサービスは、下記です。
・商業登記できる住所の利用
・郵便物等の定期転送
・郵便物などの転送にかかる送料(重量によっては追加料金)

契約期間はどれくらいですか?

契約期間は、12ヶ月です。

会社の登記に住所を使えますか?

はい、使えます。

申し込みから利用開始までどれくらいの期間がかかりますか?

最短で即日利用可能です。

GMOオフィスサポートの利用方法

GOMオフィスサポートの利用方法は以下です。

STEP1:お申し込み
STEP2:お支払い
STEP3:本人確認/審査
STEP4:利用開始

申し込みを行ってからバーチャルオフィス利用開始まで最短で1日です。

簡単に利用開始ができるので、急ぎの方にも嬉しいですね。

GMOオフィスサポートを
詳しくみる

GMOオフィスサポートの店舗一覧

店舗住所
渋谷〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目10番8号
渋谷道玄坂東急ビル2F-C
新宿〒160-0023
東京都新宿区西新宿3丁目3番13号
西新宿水間ビル2F
銀座〒104-0061
東京都中央区銀座1丁目12番4号
N&E BLD.6F
名古屋近日提供予定
大阪近日提供予定
博多近日提供予定

ECサイトを開設・個人事業主をするならバーチャルオフィスを借りよう!

ECサイトを開設するときや個人事業主登録する際に住所を登録する必要があります。

自宅住所を登録するのは、個人情報の観点からあまりオススメできません。

なので、低価格でスモールで始めたい方はバーチャルオフィスを利用してみてはいかがでしょうか。

GMOオフィスサポート以外にもバーチャルオフィスのサービスがいろいろとあるので、比較検討してみてください。